このWebサイトでは、クッキーを使用しております。
詳細は プライバシー保護およびクッキーに関する通知を参照ください。

インテリジェントでカスタマイズ可能なDB/アプリ自動変換ソリューション


Oracle PL/SQL から Java への移行

Ispirer MnMTK は Oracle PL/SQL を Java クラスに変換する事ができます。

Oracle PL/SQL から Java への移行の概要

私たちはお客様の変換プロジェクトをほぼ100%自動化するIspirer MnMTKのカスタマイズサービスをご提供しています。Ispirer MnMTKは移行作業を自動化することができ、変換作業に伴うリスクと必要な内部作業を大幅に削減することが出来ます。Ispirer MnMTKはこれらの利点と共にお手頃な価格で変換を行う事ができるため、このような移行プロジェクトにとりとても魅力的なツールです。


このデモでIspirer MnMTKによるOracle PL/SQLからJavaへの移行を見ることができます:



Oracle PL/SQL から Java への変換に Ispirer MnMTKを使う理由

  • 優れたテクニカルサポート:
    移行のプロジェクトにおける絶大経験による、最も複雑なタスクの解決策を見つけることをお約束します。
  • 迅速なカスタマイズ:
    修正、カスタム変換、最適化(ほとんどの要件は 1~2 日で対応)。
  • 検討段階での共同作業:
    お客様の検討期間中に変換のデモをお見せすることができます。
  • 柔軟な価格設定:
    広範囲オプションのご提供。
  • 最適化された変換:
    インテリジェントで保守しやすいコードを生成します。変換後のソースの利用に特別なIspirerのミドルウェア等は必要ありません。

Oracle PL/SQL から Java への変換にIspirer サービスを使う理由

変換プロセスは問題になっていませんか。Ispirerはツールキットに加え、サービスをご提供します!Ispirerチームは移行プロジェクトを管理し、移行のアセスメント、デザイン、実行、試しをすることができます。

Ispirerサービスの主な利点:

  • 迅速なソリューション
  • 優れた移行専門家チーム
  • 運転コストの削減

データベース移行における絶大経験による、最も複雑なタスクの解決策を見つけることをお約束します。

ライブ・プレゼンテーション(英語)

Ispirer移行ソリューション

Oracle PL/SQL から Javaへ

リクエスト

お見積

移行サービス

Oracle PL/SQL から Javaへ

サービス 移行ツール

変換の機能

Ispirer MnMTKはOracleパッケージ、トリガ、プロシージャおよびファンクションをJavaクラスとメソッドに移行する機能を持っています。Ispirer MnMTKによる移行作業ではデータベースへの接続は必須ではありません。PL/SQLの要素毎に個別のファイルが作られるため、変換結果のチェックと作業レポートの作成が容易になっています。通常のバージョンのIspirer MnMTKでは90%以上の自動化変換が可能ですが、さらにツールをカスタマイズし移行作業をほぼ100%自動化変換できるような特別なサポートをご提供することもできます。

  • 変数宣言とアサインメント
    Ispirer MnMTKはNUMBER、VARCHARのような定義済みデータ型や、%TYPE、%ROWTYPE型も扱う事が出来ます。私たちのツールはデータベースのテーブルやDDLの情報から適切なデータ型を判断します。
  • SQLステートメント
    Ispirer MnMTKはPL/SQLのSQLステートメントをJavaのPrepared Statementに変換します。SELECT、UPDATE、DELETE および INSERT 文で使用される全ての変数は setDatatype メソッドに使用されます。私たちのツールは対応するテーブルのデータ型から取得しデータ型を設定します。
  • PL/SQL 組み込み関数
    Oracleのほぼ全ての関数はJavaにも同等なものがありますが、いくつかの例外があります。Ispirerは個別のカスタマイズサービスを提供しており、短い期間でIspirer MnMTKにこれらの特別なソリューションを盛り込むことが出来ます。
  • カーソル
    Ispirer MnMTKはSELECTステートメントのカーソルを変換する事が出来ます。それらの値は結果セットに格納され、変数やカーソル用に作られたクラスに抽出されます。
  • 結果セット
    Oracleの結果セットはResultSetクラスとして表現されます。このクラスはSELECTステートメントの結果を格納するクラスとして使用されます。全てのカラムの値は対応する変数に格納されます。
  • 例外
    Oracleの例外はJavaの try-catch-finallyブロックに変換されます。全てのSQLコードはcatchブロックでIF演算子を使用して処理されます。
  • コレクションとレコード
    JavaのHashTable と Map がOracleのコレクションとレコードの同等機能となります。特別なケースでは、Ispirer MnMTKはコレクションのオリジナルメソッドをシミュレートするために内部的なクラスを生成することがあります。

詳細はお問い合わせください。

 
Testimonials
20.06.2018Schulz, Brazil

InterBase to Microsoft SQL Server
Database Migration

In order to change a factory supervision and information system, we were looking for a tool to migrate the existing "Interbase 6.0" database to "Microsoft SQL Server". We tested a few softwares, but they didn't suit us.

...

20.06.2018System Protocol Information, Malaysia

Informix to Microsoft SQL Server
Database Migration

Dear Sir / Madam,

We have just completed our biggest migration job to date from Informix to MS SQL Server. The exercise was efficiently done within schedule given to us. It was a success and thanks to a great part to your tool.

...

Case Studies
09.04.2018Sybase ASEからMicrosoft SQL Serverへの移行、チリ

チリに拠点を置くソフトウェア開発会社です。

...

06.04.2018IBM DB2 iSeriesからMicrosoft SQL Serverへの移行、アメリカ

ソフトウェアとアプリケーションの開発、リエンジニアリングとメンテナンスを専門とする、米国に本拠を置くフルサービスのIT企業です。 同社はウェブサイトデザイン、ウェブホスティング、SEOなどのウェブサービスを提供しています。 また、CRMシステムの導入、アップグレードおよび管理も実施しています。

...