このWebサイトでは、クッキーを使用しております。
詳細は プライバシー保護およびクッキーに関する通知を参照ください。

インテリジェントでカスタマイズ可能なDB/アプリ自動変換ソリューション


PowerBuilderからJavaへの移行

Java

Ispirer Migration and ModernizationツールキットはPowerBuilderからJavaへの自動移行をご提供します。

Ispirer MnMTK はとても柔軟な変換ツールであり、お客様のビジネスニーズに応じ、新たな変換方向の追加開発も短期間で行うことができます。弊社の技術者テはアプリケーション移行における絶大経験があるため、アプリケーション移行における最も複雑なタスクの解決策を見つけることをお約束します。


PowerBuilderからJavaへの移行の概要

このデモでIspirer MnMTK 2015によるPowerBuilderからJava JSFへの変換を見ることができます:



Ispirer MnMTKによるPowerBuilderからJava GWTへの変換をご覧ください:


PowerBuilderからJavaへの移行にIspirer MnMTKを使う理由

Ispirer Systemsの主な目標は、高度で一線級のアプリケーション移行を実行することです。移行ツールIspirer MnMTKは、様々な個別のビジネス要件に応えることができる費用対効果の高い製品です。

主な利点:

  • 優れたテクニカルサポート:移行のプロジェクトにおける絶大経験による、 最も複雑なタスクの解決策を見つけることをお約束します。
  • 顧客志向のアプローチと迅速なカスタマイズ:修正、カスタム変換、最適化(ほとんどの要件は 1~2 日で対応)。
  • 検討段階での共同作業:お客様の検討期間中に変換のデモをお見せすることができます。
  • 柔軟な価格設定:幅広いオプションを提供することができます。
  • 最適化された変換:インテリジェントで保守しやすいコードを生成します。
    変換後のソースの利用に特別なIspirerのミドルウェア等は必要ありません。

アセスメント

アセスメントは移行の作業量と費用の見積もりに役立ちます。アセスメント作業の詳細につきましては以下のリンクをご覧ください:

以下の質問表にご記入いただければ、お客様のプロジェクトに関する質疑応答や概算のお見積りをお出しする事ができます:

ライブ・プレゼンテーション(英語)

Ispirer移行ソリューション

PowerBuilderからJavaへ

リクエスト

お見積

移行サービス

PowerBuilderからJavaへ

サービス 移行ツール



変換機能

これはPowerBuilderからJavaへの移行に関する主な技術的な詳細です:

Migration from PowerBuilder to Java

  • ひとつのSRDファイルは 三つのファイル(Javaファイル、xhtmlファイル、jrxmlファイル)に変換されます。
  • データウィンドウのコントロールで調整された各オプションはJavaファイルに渡され、Javaアプリケーションの共通データウィンドウクラスによって読み込まれます。

    PowerBuilder:

    1.  
    2. visible="1~tif(isnull(nh_wo),0,1)"
    3. color="0~tif (status = 'CLOSED',8388608,0)"
    4. protect="0~tif( status = 'Pre/Auth' , 1 , 0)"
    5. font.italic="0~tif(df_get_wo_link_flight(wo_category),1,0)"
    6. text="TAT Date:~tIf (date(df_get_sysdate_dw()) >
    7. date(tat_date),'TAT Over Due','TAT Date')"
    8.  

    Java:

    1.  
    2. try
    3. {
    4. row.get("defect_item").setForeColor(choose(status
    5. == "CLOSED",8388608,0));
    6. } catch(Exception e)
    7. {
    8. }
    9. try
    10. {
    11. row.get("flight").setVisible(choose(module == "PRODUCTION",1,0));
    12. } catch(Exception e)
    13. {
    14. }
    15. try
    16. {
    17. row.get("nh_wo").setVisible(choose(isNull(nh_wo),0,1));
    18. } catch(Exception e)
    19. {
    20. }
    21. try
    22. {
    23. row.get("status").setProtect(choose(status == "Pre/Auth",1,0));
    24. } catch(Exception e)
    25. {
    26. }
    27.  

    弊社のツールは、データウィンドウファイルで使用されている様々な測定単位を簡単に処理できます。

    それぞれのDatawindowにアプリケーションでいくつかのレポートを印刷する場合に使用できるJasperレポートファイルを作成します。

    PowerBuilder:

    1.  
    2. text(band=detail alignment="0" text=">" border="0" color="33554432"
    3. x="1330" y="68" height="64" width="50" html.valueishtml="0"
    4. name=t_1 pointer="HyperLink!" visible="1" font.face="Arial"
    5. font.height="-10" font.weight="400" font.family="2" font.pitch="2"
    6. font.charset="0" background.mode="1" background.color="536870912"
    7. background.transparency="0" background.gradient.color="8421504"
    8. background.gradient.transparency="0" background.gradient.angle="0"
    9. background.brushmode="0" background.gradient.repetition.mode="0"
    10. background.gradient.repetition.count="0"
    11. background.gradient.repetition.length="100"
    12. background.gradient.focus="0" background.gradient.scale="100"
    13. background.gradient.spread="100" tooltip.backcolor="134217752"
    14. tooltip.delay.initial="0" tooltip.delay.visible="32000"
    15. tooltip.enabled="0" tooltip.hasclosebutton="0" tooltip.icon="0"
    16. tooltip.isbubble="0" tooltip.maxwidth="0"
    17. tooltip.textcolor="134217751" tooltip.transparency="0"
    18. transparency="0" )
    19.  

    Java:

    1.  
    2. <staticText>
    3. <reportElement x="1330" y="68" width="50" height="64"
    4. uuid="989e450a-4ffe-430c-a3d3-dd16f060bc16">
    5. <property name="local_mesure_unitx" value="pixel" />
    6. <property name="com.jaspersoft.studio.unit.x" value="px" />
    7. <property name="local_mesure_unity" value="pixel" />
    8. <property name="com.jaspersoft.studio.unit.y" value="px" />
    9. <property name="local_mesure_unitwidth" value="pixel" />
    10. <property name="com.jaspersoft.studio.unit.width" value="px" />
    11. <property name="local_mesure_unitheight" value="pixel" />
    12. <property name="com.jaspersoft.studio.unit.height" value="px" />
    13. </reportElement>
    14. <textElement>
    15. <font fontName="Arial" size="12" isBold="true"
    16. pdfFontName="Helvetica-Bold" />
    17. </textElement>
    18. <text><![CDATA[>]]></text>
    19. </staticText>
    20.  
  • それぞれのSRUファイルは、ファイルの内容に応じて移行されます。
  • SRUファイルにビジュアルコントロールが含まれている場合、MnMTKはすべてのコントロールを含む別のxhtmlファイルを作成します。 残りのロジックはJavaファイルに残されています。

  • それぞれのSRFファイルがクラス内で適切なフィールドを持つ1つのJavaクラスに移行されます。
  • PowerBuilder:

    1.  
    2. $PBExportHeader$gf_get_web_path.srf
    3. //PBSourceExtractor 1.0 - Database and Application Migration Software.
    4. //Copyright (c) 1999-2011 Ispirer Systems, LLC. All Rights Reserved.
    5. //Timestamp - 02.10.2013 17:22:34
    6. global type gf_get_web_path from function_object
    7. end type
    8. forward prototypes
    9. global function string gf_get_web_path (string s_path)
    10. end prototypes
    11. global function string gf_get_web_path (string s_path);
    12. string s_web_path
    13. s_web_path = "\Attachments\"
    14. Return s_web_path
    15. end function
    16.  

    Java:

    1.  
    2. //PBSourceExtractor 1.0 - Database and Application Migration Software.
    3. //Copyright (c) 1999-2011 Ispirer Systems, LLC. All Rights Reserved.
    4. //Timestamp - 02.10.2013 17:22:34
    5. package Global_function;
    6. import util.Utility;
    7. import main.Main;
    8. public class gf_get_web_path extends Utility
    9. {
    10. private static final long serialVersionUID = 1L;
    11. private gf_get_web_path() { }
    12.  
    13. public static String execute(String s_path)
    14. {
    15. String s_web_path = "";
    16. s_web_path = "\\Attachments\\";
    17. return s_web_path;
    18. }
    19. public static gf_get_web_path newInstance(Main main) {
    20. gf_get_web_path instance = new gf_get_web_path();
    21. instance.main = main;
    22. return instance;
    23. }
    24. }
    25.  
  • 残りのファイルはプロジェクトでの役割に応じて移行されます。
  • 更に、ソースアプリケーションの動作をシミュレートするのに役立ついくつかのクラスがプロジェクトに追加されました。

詳細はお問い合わせください。

 
Testimonials
20.06.2018Schulz, Brazil

InterBase to Microsoft SQL Server
Database Migration

In order to change a factory supervision and information system, we were looking for a tool to migrate the existing "Interbase 6.0" database to "Microsoft SQL Server". We tested a few softwares, but they didn't suit us.

...

20.06.2018System Protocol Information, Malaysia

Informix to Microsoft SQL Server
Database Migration

Dear Sir / Madam,

We have just completed our biggest migration job to date from Informix to MS SQL Server. The exercise was efficiently done within schedule given to us. It was a success and thanks to a great part to your tool.

...

Case Studies
09.04.2018Sybase ASEからMicrosoft SQL Serverへの移行、チリ

チリに拠点を置くソフトウェア開発会社です。

...

06.04.2018IBM DB2 iSeriesからMicrosoft SQL Serverへの移行、アメリカ

ソフトウェアとアプリケーションの開発、リエンジニアリングとメンテナンスを専門とする、米国に本拠を置くフルサービスのIT企業です。 同社はウェブサイトデザイン、ウェブホスティング、SEOなどのウェブサービスを提供しています。 また、CRMシステムの導入、アップグレードおよび管理も実施しています。

...