このWebサイトでは、クッキーを使用しております。
詳細は プライバシー保護およびクッキーに関する通知を参照ください。

インテリジェントでカスタマイズ可能なDB/アプリ自動変換ソリューション


PowerBuilderからWindows Forms(WinForms)へのアプリケーション移行

Ispirer Migration and Modernizationツールキットは、PowerBuilderからWinForms.NETへの自動化変換機能を提供します。


PowerBuilderからWinForms .NETへの移行の概要

Ispirer MnMTKはPowerBuilderからWinForms .NETへの移行のとき、以下の変換を行います:

  • アプリケーションソースファイル(.SRA ファイル)
  • ウィンドウオブジェクト(.SRW ファイル)
  • メニュー (.SRM)
  • DataWindow (.SRD)

PowerBuilderからWinForms.NETへの変換にIspirer MnMTK 2017を使う理由

Ispirer Systemsの主な目標は、高度で一線級のデータベース移行を実行することです。移行ツールIspirer MnMTKは、様々な個別のビジネス要件に応えることができる費用対効果の高い製品です。

主な利点:

  • 優れたテクニカルサポート:移行のプロジェクトにおける絶大経験による、
    最も複雑なタスクの解決策を見つけることをお約束します。
  • 迅速なカスタマイズ:修正、カスタム変換、最適化(ほとんどの要件は 1~2 日で対応)
  • 検討段階での共同作業:お客様の検討期間中に変換のデモをお見せすることができます。
  • 柔軟な価格設定:広範囲オプションのご提供。
  • 最適化された変換:インテリジェントで保守しやすいコードを生成します。
    変換後のソースの利用に特別なIspirerのミドルウェア等は必要ありません。

アセスメント

アセスメントは移行の作業量と費用の見積もりに役立ちます。アセスメント作業の詳細につきましては以下のリンクをご覧ください:

以下の質問表にご記入いただければ、お客様のプロジェクトに関する質疑応答や概算のお見積りをお出しする事ができます

ライブ・プレゼンテーション(英語)

Ispirer移行ソリューション

PowerBuilderからWinForms .NETへ

リクエスト

お見積

移行サービス

PowerBuilderからWinForms .NETへ

サービス 移行ツール

変換の機能

Ispirer MnMTKはPowerBuilderからWinforms.NETアプリケーションへの自動変換を行う事ができます:

  • アプリケーションソースファイル(.SRAファイル)の変換

    SRAファイルはアプリケーションソースファイルです。アプリケーションとそのエントリポイントの基本的な情報を格納しています:

    forward
    global TYPE simple_demo FROM application
    END TYPE
    END forward
     
    global TYPE simple_demo FROM application
    string appname = "simple_demo"
    END TYPE
    global simple_demo simple_demo
     
    ON simple_demo.CREATE
    END ON
     
    event OPEN;
       OPEN ( simple_demo_main )
    END event

    SRA ファイルはXAML Object Element Usageへ変換します:

    <Application x:Class="simple_demo._simple_demo" 
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/ 
    2006/xaml/presentation" 
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" 
    StartupUri="simple_demo_main.xaml"> 
    <Application.Resources> 
    </Application.Resources> 
    </Application>

  • Windowオブジェクト(SRW. ファイル)をXAMLに変換

    SRWファイルはwindowソースファイルです。Formとコンポーネントアイテムおよびイベントとメソッドの説明を格納しています。SRWファイルはWindows Formsへ変換されます。

    ひとつのコントロールエレメントを持つ単純なFormの例を見てみましょう:

    $PBExportHeader$simple_demo_main.srw
    forward
    global TYPE simple_demo_main FROM window
    END TYPE
    TYPE b_button FROM commandbutton WITHIN simple_demo_main
    END TYPE
    END forward
    global TYPE simple_demo_main FROM window
    INTEGER width = 800
    INTEGER height = 1200
    BOOLEAN titlebar = TRUE
    string title = "simple_demo"
    b_button b_button
    END TYPE
    global simple_demo_main simple_demo_main
    ON simple_demo_main.CREATE
    this.b_button =CREATE b_button
    this.Control[]={this.b_button}
    END ON
     
    ON simple_demo_main.destroy
    destroy(this.b_button)
    END ON
     
    TYPE b_button FROM commandbutton WITHIN simple_demo_main
    INTEGER x = 400
    INTEGER y = 400
    INTEGER width = 200
    INTEGER height = 120
    string text = "Show"
    END TYPE
     
    event clicked;
    END event

    以はFormやComponentをXAML Window Object Element Usageへの変換:

    <Window x:Class="simple_demo._simple_demo_main" 
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" 
    xmlns:LOCAL="clr-namespace:simple_demo" 
    Title="simple_demo" 
    mc:Ignorable="d" 
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/ 
    markup-compatibility/2006" 
    SizeToContent="WidthAndHeight"> 
    <Grid Height="300" Width="200"> 
    <Canvas> 
    <Button Content="Show" Name="b_filter" 
    Height="30" Width="50" Canvas.LEFT="100" 
    Canvas.Top="100" Click="b_filter_Click"/> 
    </Canvas> 
    </Grid> 
    </Window>

    イベントはC#クラスメソッドに変換されます:

    public partial class _simple_demo_main : Window
    {
        public _simple_demo_main()
        {
            InitializeComponent();
        }
        private void b_filter_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
        }
    }

    Ispirer MnMTKはPowerBuilderアプリケーションと同様にコンポーネントのサイズと位置属性を保存します:

    Convert PB Convert to WinForms
    PowerBuilderアプリケーションWindow WinFormsアプリケーションWindow

  • メニュー(.SRM)を標準のユーザコントロールに変換します

    SRMファイルはメニューのソースファイルです。メニュー要素とイベントの説明が記述されています。これはひとつの要素をもつ単純なメニューの例です:

    $PBExportHeader$simple_menu.srm
    forward
    global TYPE simple_menu FROM menu
    END TYPE
    TYPE m_about FROM menu WITHIN simple_menu
    END TYPE
    END forward
     
    global TYPE simple_menu FROM menu
    END TYPE
    global simple_menu simple_menu
     
    ON simple_menu.CREATE
    simple_menu=this
    CALL super::CREATE
    this.m_about=CREATE m_about
    this.Item[UpperBound(this.Item)+1]=this.m_about
    END ON
     
    TYPE m_about FROM menu WITHIN simple_menu
    END TYPE
     
    ON m_about.CREATE
    CALL super::CREATE
    this.text = "&About"
    END ON
     
    event clicked;OPEN(simple_about)
    END event

    SRM ファイルはUserControl オブジェクトに変換します。 メニューの 要素はMenu および MenuItem Controlsに変換し、XAML Object Element Usageに追加されます:

    <UserControl x:Class="simple_demo._simple_menu" 
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" 
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/ 
    markup-compatibility/2006" 
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
    mc:Ignorable="d"> 
    <Grid> 
    <Menu> 
    <MenuItem Name="m_about" Header="About" Click="m_about_Click"> 
    </MenuItem> 
    </Menu> 
    </Grid> 
    </UserControl>

    イベントコールメソードをオープンsimple_aboutウィンドウに変換します:

    event clicked;OPEN(simple_about) 
      END event

    メソードはクラスメソードに変換します:

    private void m_about_Click(object sender,EventArgs e) 
      { 
      _simple_about simple_about = new _simple_about(); 
      simple_about.Show(); 
      }

  • DataWindow(.SRD)を C#クラスに変換

    SRDファイルはDataWindowソースファイルです。DataWindowオブジェクトの情報を格納しています:

    release 10.5;
    datawindow()TABLE(COLUMN=(TYPE=CHAR(200) 
     updatewhereclause=yes name=name dbname="simple_demo.name" )
     COLUMN=(TYPE=long updatewhereclause=yes name=age 
     dbname="simple_demo.age" )
     retrieve="PBSELECT( VERSION(400) TABLE(NAME=~"simple_demo~" ) 
    COLUMN(NAME=~"simple_demo.name~") 
    COLUMN(NAME=~"simple_demo.age~")) " )

    SRDファイルは ISDataSourceクラスから派生したClassに変換されます:

    public class _d_simple_demo : ISDataSource
        {
          public _d_simple_demo()
          {
            this.ConnectionString = ConfigurationManager.
    ConnectionStrings["ConnectionString"].ToString();
          }
          public void Retrieve()
          {
            this.SelectComand = "SELECT name, age FROM dbo.simple_demo";
            this.GetData();
          }
        }

    ISDataSourceクラスはデータアクセスロジックを実装します。Ispirer MnMTKはSystem.Data.SqlClientおよびSystem.Dataを用いた実装クラスをご提供します。ISDataSourceクラス自身は変換できませんが、お客様のリクエストに応じて開発や修正を行う事ができます。


    詳細はお問い合わせください。

 
Testimonials
20.06.2018Schulz, Brazil

InterBase to Microsoft SQL Server
Database Migration

In order to change a factory supervision and information system, we were looking for a tool to migrate the existing "Interbase 6.0" database to "Microsoft SQL Server". We tested a few softwares, but they didn't suit us.

...

20.06.2018System Protocol Information, Malaysia

Informix to Microsoft SQL Server
Database Migration

Dear Sir / Madam,

We have just completed our biggest migration job to date from Informix to MS SQL Server. The exercise was efficiently done within schedule given to us. It was a success and thanks to a great part to your tool.

...

Case Studies
09.04.2018Sybase ASEからMicrosoft SQL Serverへの移行、チリ

チリに拠点を置くソフトウェア開発会社です。

...

06.04.2018IBM DB2 iSeriesからMicrosoft SQL Serverへの移行、アメリカ

ソフトウェアとアプリケーションの開発、リエンジニアリングとメンテナンスを専門とする、米国に本拠を置くフルサービスのIT企業です。 同社はウェブサイトデザイン、ウェブホスティング、SEOなどのウェブサービスを提供しています。 また、CRMシステムの導入、アップグレードおよび管理も実施しています。

...