このWebサイトでは、クッキーを使用しております。
詳細は プライバシー保護およびクッキーに関する通知を参照ください。

インテリジェントでカスタマイズ可能なDB/アプリ自動変換ソリューション


OracleからHiRDBへの移行

HiRDB

データベース移行ツールIspirer MnMTKはOracleからHiRDB向けに変換することができます。このツールは
ストアドプロシージャ、ファンクション、トリガ、ビューおよびスキーマの移行に役に立ちます。私たちはビジネスを成長させる自動化
されたデータベースとアプリケーション移行ソリューションの価値をお客様に
お届けしています。


OracleからHiRDBへの移行の概要

このツールキットは以下のようなデータベースオブジェクトや属性をOracleからHiRDBへ移行します:

  • テーブルの変換
  • ストアドプロシージャ、ファンクションおよびトリガの変換
  • ストアドPL/SQLブロックの変換
  • ストアドパッケージの変換
  • インデックスの変換
  • ファンクションの変換
  • コメントの変換

OracleからHiRDBへの移行機能についてより詳しくご紹介します。

テーブルの変換

  • カラム定義の変換 - データタイプ、デフォルト値
  • 整合性制約の変換 - プライマリと外部キー、ユニークとチェック制約
  • 区画およびオプションの変換

Oracle:

  1. CREATE TABLE hanbai
  2. (
  3. data_date NUMBER(8) NOT NULL,
  4. mise_no CHAR(6) NOT NULL,
  5. nou_gen_kin NUMBER(15,2),
  6. kep_kaisu NUMBER(9) DEFAULT 10
  7. )
  8. PCTFREE 05
  9. PARTITION BY RANGE (data_date)
  10. (PARTITION d19970101 VALUES LESS THAN (19970102)
  11. TABLESPACE TBS_USIA_10000K);

HiRDB:

  1. CREATE TABLE hanbai
  2. (
  3. data_date INT NOT NULL,
  4. mise_no MCHAR(6) NOT NULL,
  5. nou_gen_kin DEC(15,2),
  6. kep_kaisu INT DEFAULT 10
  7. )
  8. IN((TBS_USIA_10000K) data_date < 19970102)
  9. PCTFREE = 05;

ストアドプロシージャ、ファンクションおよびトリガの変換:

  • 基本ステートメントおよび構文 (カーソル、ループ、DMLステートメント、
    例外等) の変換
  • %TYPEおよび%ROWTYPE変数の変換
  • IN, OUT, INOUTパラメーター

Oracle:

  1. CREATE TABLE t4 (c1 FLOAT, c2 TIMESTAMP, c3 INT);
  2. CREATE TABLE t5 (c1 FLOAT, c2 TIMESTAMP, c3 INT);
  3.  
  4. CREATE OR REPLACE PROCEDURE cur1_proc(CNT FLOAT)
  5. IS
  6. CURSOR cur1 IS SELECT c1,c2 FROM t4;
  7. cur1_rec cur1%ROWTYPE;
  8.  
  9. BEGIN
  10. OPEN cur1;
  11. LOOP
  12. FETCH cur1 INTO cur1_rec;
  13. EXIT WHEN SQL%NOTFOUND;
  14.  
  15. INSERT INTO t5 (c1,c2)
  16. VALUES( cur1_rec.c1, cur1_rec.c2 );
  17.  
  18. END LOOP;
  19. CLOSE cur1;
  20.  
  21. END;

HiRDB:

  1. CREATE TABLE t4 (c1 FLOAT, c2 TIMESTAMP, c3 INT);
  2. CREATE TABLE t5 (c1 FLOAT, c2 TIMESTAMP, c3 INT);
  3.  
  4. CREATE PROCEDURE cur1_proc(IN CNT FLOAT)
  5. BEGIN
  6. DECLARE cur1 CURSOR FOR SELECT c1,c2 FROM t4;
  7. DECLARE SWV_CUR1_REC_C1 FLOAT;
  8. DECLARE SWV_CUR1_REC_C2 TIMESTAMP;
  9.  
  10. OPEN cur1;
  11. SWL_Label: WHILE 1 = 1 DO
  12. FETCH cur1 INTO SWV_CUR1_REC_C1,SWV_CUR1_REC_C2;
  13. IF SQLCODE = 100 THEN
  14. leave SWL_Label;
  15. END IF;
  16. INSERT INTO t5(c1,c2)
  17. VALUES(SWV_CUR1_REC_C1, SWV_CUR1_REC_C2);
  18. END WHILE SWL_Label;
  19. CLOSE cur1;
  20.  
  21. END;
  22. END_PROC;

ストアドPL/SQLブロックの変換:

  • PL/SQLブロックからストアドプロシージャへの変換
  • 基本ステートメントおよび構文の変換
  • %TYPEおよび%ROWTYPE変数の変換

Oracle:

  1. DECLARE
  2. i NUMBER;
  3. BEGIN
  4. FOR i IN 0..681 LOOP
  5. INSERT INTO msgcode_range VALUES (i);
  6. END LOOP;
  7. END;
  8.  

HiRDB:

  1. CREATE PROCEDURE proc1()
  2. BEGIN
  3. DECLARE i FLOAT;
  4.  
  5. SET i = 0;
  6. WHILE (i <= 681) DO
  7. INSERT INTO msgcode_range VALUES(i);
  8. SET i = i+1;
  9. END WHILE;
  10. END;
  11. END_PROC;

ストアドパッケージの変換:

  • Oracleパッケージ本体の各ストアドプロシージャからHiRDB の個別ストアドプロシージャに変換
  • パッケージの変数をプロシージャ本体 のINOUT変数に変換
  • 基本ステートメントおよび構文の変換
  • %TYPEおよび%ROWTYPE変数の変換

Oracle:

  1. CREATE OR REPLACE PACKAGE package1
  2. AS CNT FLOAT;
  3. PROCEDURE proc1(INPARAM1 IN DATE);
  4. PROCEDURE proc2;
  5. END package1;
  6. /
  7. CREATE OR REPLACE PACKAGE BODY package1
  8. AS
  9. PROCEDURE proc1(INPARAM1 IN DATE)
  10. AS
  11. BEGIN
  12. CNT := CNT+1;
  13. END proc1;
  14. PROCEDURE proc2
  15. AS
  16. BEGIN
  17. CNT := CNT+2;
  18. END proc2;
  19. END package1;
  20. /

HiRDB:

  1. CREATE PROCEDURE PACKAGE1_PROC1(INOUT CNT FLOAT,
  2. IN INPARAM1 TIMESTAMP)
  3. BEGIN
  4. SET CNT = CNT+1;
  5. END;
  6. END_PROC;
  7.  
  8. CREATE PROCEDURE PACKAGE1_PROC2(INOUT CNT FLOAT)
  9. BEGIN
  10. SET CNT = CNT+2;
  11. END;
  12. END_PROC;

インデックスの変換:

  • インデックスオプションの変換

Oracle:

  1. CREATE INDEX IX1
  2. ON HANBAI_D ( mise_no,shohin )
  3. PCTFREE 05
  4. TABLESPACE TBS_USIA_IX_10000K
  5. LOCAL;

HiRDB:

  1. CREATE INDEX IX1
  2. ON HANBAI_D
  3. (mise_no,shohin)
  4. IN(TBS_USIA_IX_10000K)
  5. PCTFREE = 05;

ファンクションの変換:

  • 主なファンクションの変換
  • 時間および数字の形式の変換
  • 引数タイプに応じファンクションの変換

Oracle:

  1. CREATE TABLE hanbai_t (c1 DATE, c2 NUMBER);
  2.  
  3. SELECT trunc(c1, 'YEAR'), trunc(c2) FROM hanbai_t;
  4.  
  5. SELECT to_timestamp('2012-06-14','RRRR-MM-DD HH24') FROM t;

HiRDB:

  1. CREATE TABLE hanbai_t (c1 TIMESTAMP, c2 FLOAT);
  2.  
  3. SELECT truncyear(c1), trunc(c2) FROM hanbai_t;
  4.  
  5. SELECT timestamp_format('2012-06-14','YYYY-MM-DD HH') FROM t;

コメントの変換:

Oracle:

  1. -- comment1
  2. REM comment2
  3. REMARK comment3

HiRDB:

  1. /*comment1*/
  2. /*comment2*/
  3. /*comment3*/

このデモでIspirer MnMTKによるOracleからHiRDBへのデータベース移行を
見ることができます :



Ispirer MnMTKは埋め込みSQLがあるプロジェクトをHiRDB向けに変換することができます。 例えば、Oracle埋め込みSQLのPro*CobolおよびPro*Cファイルを変換することができます。詳しくは以下のリンクを参照ください:



OracleからHiRDBへの移行に関するIspirer MnMTK
ツールの特徴

  • SQLスクリプトの迅速で便利な変換 - DDLステートメント、SQLダンプ、SQLクエリ等、既存のSQLスクリプトの変換をすぐに始められます
  • データベースに接続し変換を実行 - Ispirer MnMTK は Oracleに接続し
    データベース全体または特定のデータベースオブジェクトやスキーマを抽出し変換することができます
  • HiRDB構文の SQL スクリプトの生成
  • 移行作業の自動化を助けるコマンドラインサポート
  • 移行の検証 -ツールはテーブルやローの数の比較や、全てまたは特定のカラム(プライマリキーまたはOrder句で指定)のデータ検証を実行することが
    できます

Ispirer MnMTK についてもっと知りたい場合は、主な利点をご覧ください。

無償評価版を試す

Ispirer MnMTK 2017

OracleからHiRDBへ

データ+SQL SQL データ

プロジェクト規模を算出

Ispirer MnMATK 2017

OracleからHiRDBへ

ダウンロード

ツールを購入

Ispirer MnMTK 2017

OracleからHiRDBへ

データ+SQL SQL データ

お見積など

移行サービス

OracleからHiRDBへ

データ+SQL SQL データ

詳細はお問い合わせください。

 
Testimonials
20.06.2018Schulz, Brazil

InterBase to Microsoft SQL Server
Database Migration

In order to change a factory supervision and information system, we were looking for a tool to migrate the existing "Interbase 6.0" database to "Microsoft SQL Server". We tested a few softwares, but they didn't suit us.

...

20.06.2018System Protocol Information, Malaysia

Informix to Microsoft SQL Server
Database Migration

Dear Sir / Madam,

We have just completed our biggest migration job to date from Informix to MS SQL Server. The exercise was efficiently done within schedule given to us. It was a success and thanks to a great part to your tool.

...

Case Studies
09.04.2018Sybase ASEからMicrosoft SQL Serverへの移行、チリ

チリに拠点を置くソフトウェア開発会社です。

...

06.04.2018IBM DB2 iSeriesからMicrosoft SQL Serverへの移行、アメリカ

ソフトウェアとアプリケーションの開発、リエンジニアリングとメンテナンスを専門とする、米国に本拠を置くフルサービスのIT企業です。 同社はウェブサイトデザイン、ウェブホスティング、SEOなどのウェブサービスを提供しています。 また、CRMシステムの導入、アップグレードおよび管理も実施しています。

...