このWebサイトでは、クッキーを使用しております。
詳細は プライバシー保護およびクッキーに関する通知を参照ください。

インテリジェントでカスタマイズ可能なDB/アプリ自動変換ソリューション


COBOLからJavaへの変換

Java

アプリケーション移行ツールIspirer MnMTKはCOBOLからJavaへの変換をサポートしています。

Ispirer MnMTK ツールにはお客様の特別な要件を満たすためのカスタマイズを追加することができます。弊社の優れた専門家チームは、複雑な問題に対しても革新的なソリューションを見つけることをお約束します。

    このデモでIspirer MnMTK 2015により 、COBOLからJavaへの変換を見ることができます。



    なぜIspirer MnMTKなのか

    Ispirer MnMTKはCOBOLからJavaへのアプリケーションの移行作業を自動化し、移行作業に伴うリスクと必要な内部作業を大幅に削減する事ができます。Ispirer MnMTKはこれらの利点と共にお手頃な価格でデータベースおよびアプリケーションの変換を行う事ができるため、このような移行プロジェクトにとってとても魅力的なツールです。

    主な利点:

    • 優れたテクニカルサポート:移行のプロジェクトにおける絶大経験による、 最も複雑なタスクの解決策を見つけることをお約束します
    • 顧客志向のアプローチと迅速なカスタマイズ:1-2営業日での修正対応
    • 検討段階での共同作業:お客様の検討期間中に変換のデモをお見せすることができます
    • 柔軟な価格設定:広範囲オプションの提供
    • 最適化された変換:インテリジェントで保守しやすいコードを生成します。 変換後のソースの利用に特別なIspirerのミドルウェア等は必要ありません

    アセスメント

    アセスメント作業は簡単ですぐに移行に要する作業とコストを見積もることができます。お見積に必要な情報は、下記のフォームを参照いただくと揃えることができます:

  • CobolからJavaへの移行 質問表(英語)

ライブ・プレゼンテーション(英語)

Ispirer移行ソリューション

COBOLからJavaへ

リクエスト

お見積

移行サービス

COBOLからJavaへ

サービス 移行ツール

COBOLプログラム構造

  1.  
  2. IDENTIFICATION DIVISION.
  3. PROGRAM-ID. DemoId.
  4. ENVIRONMENT DIVISION.
  5. DATA DIVISION.
  6. PROCEDURE DIVISION.
  7. FIRST-PARAGRAPH.
  8. DISPLAY "First DEMO".
  9.  


4つのディビジョンがあります:

  • IDENTIFICATION DIVISION: ここにプログラム名を記述します。
  • ENVIRONMENT DIVISION: プログラムで必要なファイルを定義します。
  • DATA DIVISION: 変数、レコード、ファイル等を定義します。
  • PROCEDURE DIVISION:プログラムを記述します。上のサンプルでは全てがひとつのパラグラフ内に記述されています。パラグラフはラベル付けされた一連のステートメントです。パラグラフの終わりを示す特別なマークはありません。

変換の機能

  • COBOLアプリケーションのデータベースをOracle/MySQL/PostgreSQL/等のデータベースに移行

  • COBOLプログラムをJavaのクラスに変換
    1.  
    2. package CobolApplication;
    3.  
    4. public class DemoId
    5. {
    6. static void main(String[] args)
    7. {
    8. System.out.println("First DEMO");
    9. }
    10. }
    11.  
  • 識別子の名前を「キャメルケース」に変換

  • WORKING-STORAGEセクションに定義された変数をクラス変数に変換

  • COBOL:

    1.  
    2. WORKING-STORAGE SECTION.
    3. 01 MY_STRING_1 PIC X(20).
    4. 01 MY_STRING_2 PIC X(30).
    5. 01 MY_NUMBER PIC 9(2) VALUE 1.
    6.  

    Java:

    1.  
    2. private String MyString1;
    3. private String MyString2;
    4. private int MyNumber = 1;
    5.  
  • COBOLレコード定義をJavaのユーザ定義タイプへ変換

  • COBOL:

    1.  
    2. 01 MY_DATA_RECORD.
    3. 03 MY_NAME PIC X(20).
    4. 03 MY_ADDRESS PIC X(40).
    5. 03 MY_ID PIC 9(2).
    6.  

    Java:

    1.  
    2. public class MyDataRecord
    3. {
    4. public String MyName = "John Smit";
    5. public String MyAddress = "Walt street";
    6. public int MyId = 123;
    7. }
    8. public MyDataRecord myDataRecord = new MyDataRecord();
    9.  
  • COBOLのMOVE TO/COMPUTEステートメントをJavaのアサインステートメントに変換

  • COBOL:

    1.  
    2. MOVE 5 TO MY_NUMBER.
    3.  

    Java:

    1.  
    2. MyNumber = 5;
    3.  
  • COBOLセクション(パラグラフやステートメントのグループ)をJavaのメソッドに変換。セクションをCALLするPERFORM文はJavaのcall メソッドに変換。

  • COBOL:

    1.  
    2. DISPLAY-INFORMATION.
    3. DISPLAY DISPLAY 'My Number = ' MY_NUMBER.
    4.  

    Java:

    1.  
    2. private void DisplayInformation()
    3. {
    4. System.out.println("My Number = " + MyNumber);
    5. }
    6.  
  • COBOLの制御構造をJavaの制御ステートメントに変換

  • COBOL:

    1.  
    2. IF MY_NUMBER > 5
    3. MOVE 12 TO MY_NUMBER.
    4.  

    Java:

    1.  
    2. if (MyNumber > 5)
    3. {
    4. MyNumber = 12;
    5. }
    6.  

    COBOL:

    1.  
    2. PERFORM UNTIL WS-NUMBER-1 > 100 AND WS-NUMBER-1 < 1000
    3. DISPLAY "Still between 100 and 1000"
    4. END-PERFORM
    5.  

    Java:

    1.  
    2. while ((MyNumber > 100) && (MyNumber < 1000))
    3. {
    4. System.out.println("Still between 100 and 1000");
    5. }
    6.  
  • 画面表示(DISPLAY ステートメント)を「System.out.println」メソッドに変換

  • EXEC SQL/ END-EXEC (select, insert, update, delete, CURSOR ステートメント)を埋め込みSQL文に基づいたデータベースのSQLプロシージャのJava calls

  • COBOL:

    1.  
    2. EXEC SQL
    3. DECLARE GET_EMPLOYEE CURSOR FOR
    4. SELECT NAME,
    5. ADDRESS,
    6. PHONE
    7. FROM EMPLOYEE
    8. WHERE EMPID =:MY_ID
    9. END-EXEC.
    10.  
    11. EXEC SQL
    12. OPEN GET_EMPLOYEE
    13. END-EXEC.
    14.  
    15. EXEC SQL
    16. FETCH GET_EMPLOYEE
    17. INTO :CST-NAME,
    18. :CST-ADDRESS,
    19. :CST-PHONE
    20. END-EXEC
    21.  
    22. IF CST-NAME > SPACES
    23. DISPLAY 'NAME = ' CST-NAME
    24. DISPLAY 'ADDRESS = ' CST-ADDRESS
    25. DISPLAY 'PHONE = ' CST-PHONE
    26. ELSE
    27. DISPLAY 'EMPLOYEE NOT FOUND'
    28. END-IF.
    29.  
    30. EXEC SQL CLOSE GET_EMPLOYEE END-EXEC.
    31.  

    Java:

    1.  
    2. create or replace
    3. PROCEDURE getEmployee_Cursor_Proc1
    4. (in_my_id IN EMPLOYEE.EMPID%TYPE,
    5. out_cts_name OUT EMPLOYEE.NAME%TYPE,
    6. out_cst_address OUT EMPLOYEE.ADDRESS%TYPE,
    7. out_cst_phone OUT EMPLOYEE.PHONE%TYPE
    8. )
    9. AS
    10. BEGIN
    11. SELECT NAME, ADDRESS, PHONE
    12. INTO out_cts_name, out_cst_address, out_cst_phone
    13. FROM EMPLOYEE
    14. WHERE EMPID = in_my_id;
    15. END;
    16.  
    17. try{
    18. Connection con = DBConnection.getConnection();
    19. CallableStatement stmt = con.prepareCall
    20. ("{call getEmployee_Cursor_Proc1(?,?,?,?)}");
    21. stmt.setInt(1, MyId);
    22.  
    23. stmt.registerOutParameter(2, java.sql.Types.VARCHAR);
    24. stmt.registerOutParameter(3, java.sql.Types.VARCHAR);
    25. stmt.registerOutParameter(4, java.sql.Types.VARCHAR);
    26.  
    27. stmt.execute();
    28.  
    29. String CstName = stmt.getString(2);
    30. String CstAddress = stmt.getString(3);
    31. String CstPhone = stmt.getString(4);
    32.  
    33. if(CstName!=null){
    34. System.out.println("NAME="+CstName+",
    35. ADDRESS="+CstAddress+",PHONE="+CstPhone);
    36. }else{
    37. System.out.println("EMPLOYEE NOT FOUND");
    38. }
    39. }catch(Exception e){
    40. e.printStackTrace();
    41. }finally{
    42. try {
    43. stmt.close();
    44. con.close();
    45. input.close();
    46. } catch (SQLException e) {
    47. e.printStackTrace();
    48. }
    49. }
    50.  

    詳細はお問い合わせください。

 
Testimonials
20.06.2018Schulz, Brazil

InterBase to Microsoft SQL Server
Database Migration

In order to change a factory supervision and information system, we were looking for a tool to migrate the existing "Interbase 6.0" database to "Microsoft SQL Server". We tested a few softwares, but they didn't suit us.

...

20.06.2018System Protocol Information, Malaysia

Informix to Microsoft SQL Server
Database Migration

Dear Sir / Madam,

We have just completed our biggest migration job to date from Informix to MS SQL Server. The exercise was efficiently done within schedule given to us. It was a success and thanks to a great part to your tool.

...

Case Studies
09.04.2018Sybase ASEからMicrosoft SQL Serverへの移行、チリ

チリに拠点を置くソフトウェア開発会社です。

...

06.04.2018IBM DB2 iSeriesからMicrosoft SQL Serverへの移行、アメリカ

ソフトウェアとアプリケーションの開発、リエンジニアリングとメンテナンスを専門とする、米国に本拠を置くフルサービスのIT企業です。 同社はウェブサイトデザイン、ウェブホスティング、SEOなどのウェブサービスを提供しています。 また、CRMシステムの導入、アップグレードおよび管理も実施しています。

...